• heritagetimes

[歴飯_36]mikan屋



葉山町森戸海岸から山側の住宅地を少し入ると右手に細い路地が見えてくる。左手の生垣に沿って進むと、「mikan屋」の入口に辿り着く。手入れの行き届いた庭には、木瓜の花が咲いていた。陽のあたる縁側席は、気候の良い季節には実にのんびりできそうである。玄関を入ると正面の厨房に向かってタイル張りの土間が続き、左手にギャラリー、右手に和室のカフェがある。この建屋は、およそ100年ほど前に店主の祖父が自ら見様見真似で建てた家だそうだ。和室の柱は、角柱の上に、丸柱を半分に切って貼るなど、見様見真似と言っても、随所に工夫が凝らされていて面白い。



カフェを始めるにあたり、玄関から厨房への通り土間を作り、ギャラリーは天井を外すなど改装したそうだが、古民家の雰囲気は良く残り、素敵な空間となっている。 こちらは朝7時からオープンしており、朝食を食べに来るお客さんも多いそうだ。今回は7種類の具から好みの2種を選べるおにぎりセットを注文した。具だくさんのお味噌汁、味の染みたがんもの煮付け、優しい味わいのおにぎりとホットする。他にもパンメニューや葉山産の夏みかんを使用したスイーツ等も味わえる。 ギャラリーにはアメリカンビンテージのグッズや陶芸作家さんの作品等が並び、販売もしている。ギャラリーの窓際に面したテラス席は涼し気な場所になっており、夏には良さそうだ。テラス席はペットも可とのこともあり、前に訪れた時には、犬を連れて来る常連さんにも出会った。素敵な平屋の古民家と店主の手料理を味わいに是非一度訪ねてみてはいかがだろうか。







閲覧数:45回0件のコメント