• heritagetimes

[記者発表]文化審議会の答申(登録有形文化財(建造物)の登録)について【文化庁】

更新日:7月27日


国の文化審議会(会長:佐藤信)は、令和4(2022)年7月22日(金)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、新たに136件の建造物を登録するよう文部科学大臣に答申した。


神奈川県内からは、本覚寺(本堂・客殿・庫裏・分骨堂・鐘楼・手水舎・楼門・大門)[鎌倉市]、小田原宿なりわい交流館(旧角 吉(かどきち)店舗)[小田原市]、旧本多家住宅主屋[逗子市]、旧足立家別邸主屋[葉山町]が答申された。


<登録有形文化財(建造物)の新登録>

 

本覚寺[藤沢市]

[本堂]大正12年

[客殿]昭和5年

[庫裏]昭和前期

[分骨堂]昭和5年

[鐘楼]昭和6年

[手水舎]昭和前期

[楼門]安政2年/明治9年移築・平成25年改修

[大門]昭和前期


若宮大路の東に位置する日蓮宗寺院。本堂は桁行七間、梁間七間、正面に軒唐破風の向拝を付す。小屋組はトラス組として軽量化を図る。棟梁は十代伊藤平左衛門が務め、建立直後の関東大震災を乗り越えた。客殿は本堂東正面の南側に並び、入母屋造りの式台玄関を付し、銅板葺きの庇を三方に巡らす。内部は10畳の座敷を三室並べ、本堂側を上座敷として床構えを設ける。庫裏は切妻造り桟瓦葺きの東西棟で、入母屋造りの玄関を付す。内部は四室を田の字に配し、南西間を床構え付き座敷とする。本堂北の分骨堂は日蓮上人の分骨を納める廟堂で、方一間の身舎に裳階を付す。鐘楼は本堂の北東、石積基壇上に建ち、干支の透彫欄間等、装飾豊富な鐘楼。手水舎は本堂の東にあり、欄間を龍や鳳凰の彫刻で飾る等、小規模ながら質の高い彫刻で華やかに飾る。楼門は、伽藍東辺の夷堂橋西詰にある門。下層両脇間に金剛力士像を安置し、上層は一室の板敷、鏡天井とする。大門は伽藍北辺の小路に開く高麗門で門扉を省略する。装飾施した二段の絵様肘木や板蟇股等の木柄太く、寺院の風格を示す。昭和の造営は本堂の副棟梁堀田太吉によるもので、関東大震災後の伽藍復興の様相を伝えるとともに、鎌倉の歴史的風致を形成する。

 

小田原宿なりわい交流館(旧角 吉(かどきち)店舗)[小田原市]

・昭和7年/平成13年改修


小田原宿中心部にある漁網店の二階建て店舗で、出し桁造り、二階の出格子、下見板張り外観が特徴的。一階は土間と15畳のミセ、二階は漁具の作業場とした。水産業の歴史的景観を伝える。現在、観光拠点として活用。

 

旧本多家住宅主屋[逗子市]

・昭和13年


逗子駅近くの山裾にある洋風住宅。久米権九郎の設計で、束ね式の小柱と横架材を用いた 久米式耐震木骨構造とする。その外側をモルタル仕上げとして、開口部廻りに擬石をあしらい、バルコニー腰壁にメダリオンを飾る。

 

旧足立家別邸主屋[葉山町]

・昭和8年/令和2年改修

葉山町西部の山裾に位置する実業家の別邸で、設計は佐藤功一。ハーフティンバーとガラ ス窓を多用した外観が特徴。内装材には王子製紙製繊維板のトマテックスを多用する貴重 な住宅。

 

<文化庁HP>


<鎌倉市HP>


<小田原市HP>


<逗子市HP>


<葉山町HP>


<関連記事>

[記事紹介]葉山の旧足立家別邸主屋と逗子の旧本多家住宅主屋が国登録有形文化財へ【逗子葉山経済新聞】


閲覧数:12回0件のコメント