top of page

[記事紹介]「川崎市文化財保存活用地域計画」(案)に関する市民意見募集【川崎市】



平成 26(2014)年 3 月に策定した「川崎市文化財保護活用計画」が令和 6(2024)年 3 月で計画期間を満了する。

文化財は地域の歴史や文化を知る上で重要な市民共有の財産であり、本市でも文化財の保存・活用に取り組んできた。しかし、社会環境の変化、価値観の多様化などにより、文化財を次世代に継承することが難しくなっている。この状況に対応し、文化財を次世代に伝えていくためには、行政だけでなく、市民や市民団体等と連携し、地域全体で文化財の将来を支える仕組みづくりが必要である。

この度、文化財を保存・活用することにより、歴史文化を生かしたまちづくりを進め、市民にまちに愛着を持っていただくため、文化財保護法に基づく「川崎市文化財保存活用地域計画」(案)をまとめたので意見募集を行う。


・根拠法令等  :文化財保護法

・案の公表日  :令和5年(2023年)12月4日

・意見募集開始日:令和5年(2023年)12月4日

・意見募集終了日:令和6年(2024年)1月10日

・意見提出方法 :電子メール(専用フォーム)、ファクス、郵送、持参




閲覧数:5回0件のコメント
bottom of page