• heritagetimes

[記事紹介]歴史を生かしたまちづくり横濱新聞 第35号【横浜市】

更新日:2019年12月30日



主な記事

  • 「横浜港口から東京湾頭を照らした外防波堤灯台」中藤誠二(関東学院大学教授・公益社団法人 横浜歴史資産調査会社員・横浜市歴史的景観保全委員)

  • 「震災復興橋梁『吉野橋』、歴史的建造物に認定!」

  • 「写真(インスタ)映えする土木産業遺産(歴史インフラ)特集」(横浜港ハンマーヘッドクレーン・霞橋・旧平沼専蔵別邸亀甲積擁壁及び煉瓦塀・大原隧道・東横線跡地遊歩道)

  • 「歴史を生かしたまちづくりセミナー Vol.42 野毛山のヒミツ ~どうしてハマっ子の憩いの場となったのか?~ 」

  • 「歴史的景観の輝きを取り戻した建造物」(中山恒三郎家店蔵及び書院 / 横浜指路教会)

  • 「戦後モダニズム建築の保存活用」(横浜市庁舎)

  • 「見つけよう、広げよう!開港都市の可能性 ~開港5都市景観まちづくり会議2019横浜大会~」

  • 「祝・吉田鋼市氏 第68回 横浜文化賞受賞!」

  • 「横浜市景観ビジョン、初の改定」

  • 「活用順調 俣野別邸」

  • 公益社団法人横浜歴史資産調査会 令和元年度の取り組み

※各区役所・市庁舎(市民情報センター)に配架しています。


[歴史を生かしたまちづくり横濱新聞 第35号]

閲覧数:147回0件のコメント