top of page

[記事紹介]公設市民運営で20年余 鵠沼郷土資料展示室「歴史と文化のまち」歩み後世に 「生き字引」内藤喜嗣さんが委員長勇退、組織体制新たに【タウンニュース】


「歴史と文化のまち」として発展してきた鵠沼地区の歩みを20年来、企画展示を通じて市民に伝え続けている団体がある。鵠沼郷土展示室運営委員のメンバーらだ。このほど、組織の立ち上げから携わり、「展示室の生き字引」として組織をけん引してきた内藤喜嗣さんが運営委員長を勇退し、新たな組織体制が令和6(2024)年3月からスタートした。


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page